風俗バイト

風俗始めるならーやっておきたい求人探し

あ〜ぁお金がほしいなぁ!世の中お金がないとなんにもできないのが現実ですよね、そんなことを考えながら歩いていると、だんだん背中が猫背になってくるのを感じるのですが、大きな声で「お金がほしい!!」と叫んでも、同じくらいのボリュームで「うるさいっ!!」と叱られてしまうイヤな世の中ですから、自分の力で何とかしなくてはいけません。

 

 

そこでお金、とくに現金が必要で困っている女の子におすすめなのが、風俗のお店でアルバイトするという方法です、でもこんなことを言うのはナンですが風俗のお店って見ず知らずの男の人の前で裸になったり、Hなプレイをするんですよねぇ、実はわたしはお金のためなら少しくらいの恥ずかしさは乗り越えるだけの覚悟はできています。

 

 

お金の苦労をするくらいならハゲ親父に体を見られても、キモいオタクの前でアニコスプレの衣装を順番に脱いでいくというダイハード的なプレイだってやってやろうじゃないかというつもりなんです。

 

 

そこで、さっそく風俗の仕事を探して見ることにしましょう、あれ?近所の書店やコンビニに行って探しても風俗店の求人を探すための情報誌が見つからないぞ。

 

 

これはもしかするとわたしの風俗デビューを阻止するための陰謀か…、というのは間違いで、風俗の求人を探すときには風俗専門の求人情報誌で探すのが一般的なんだそうです、最近ではネットの求人サイトでも風俗店の求人を紹介しているサイトがあるそうですからそちらを利用して見ることにしましょう。

 

 

ということで、私の地元熊本にだって風俗店はたくさんありますので、熊本風俗求人いちごナビというのをみつけました。

 

 

最初は自分の部屋で風俗の求人を探すつもりだったのですが、狭い自分の部屋のドアに鍵をかけた状態で風俗店の求人を探していると「うふっ、アタシも落ちるところまで落ちたわねぇ」と言う情景が頭をよぎってしまうので、人通りの多い道路に面したカフェに場所を移して風俗の求人を探すことにしたんです。

 

 

実はこれが大成功でした、さすがにオシャレなインテリアの店内で、派手な表紙の風俗情報誌を広げる勇気はなかったので普段から持ち歩いているスマートフォンからネットの求人サイトにアクセルしました。

 

 

すると驚いたことに数えきれないほどの風俗店の求人が公開されていて、どの風俗店も「うちの店はこんなに稼げるぞ」「うちの店のほうが待遇がいいよ」と風俗初心者のわたしの誘っているのです。

 

 

「これじゃいけない、立派な風俗嬢になるんだから」、と冷静さを取り戻してその中から、自分にも出来そうな軽めの接客で大丈夫という風俗店を選びました、あとはお店の担当者に面接の申し込みをするだけです。

 

 

「もしもし、求人を見たんですけど」とスマートフォンからお店の担当者に電話をかけました(非通知でもOKでした)、「ご連絡ありがとうございました」とハキハキした対応が好印象で安心したのです、その後、年齢や連絡先を聞かれて面接を受けるために時間と場所を決めてもらいました。

 

 

面接の当日は実際に風俗の仕事を試してみる「体験入店」もできて、その日の売上は現金でもらうことができるという事でした、風俗の仕事はお金が簡単に稼げると聞いたことがあるけど、こうしてお金に困らない生活を手に入れることができそうな気がします。

風俗始めるならーやっておきたい面接対策

皆さん風俗の仕事ってどんなことをするのか知っていますか、知ってるよ〜と答えたあなたは、どうかいつか風俗の面接を受けることがあった時には「風俗ってどんなことするのか知ってる?」と聞かれたら「ううん、知らな〜い」とブリッコに徹することをおすすめします。

 

 

風俗の面接を担当する男性はほかの風俗店で働いた経験のある女の子は、あまり採用したがらないという傾向があるからなんです、「よその手垢(てあか)がついた女の子はいらない」とハッキリ言われてしまった女の子もいるみたいですから気をつけましょう。

 

 

ほかの風俗店で働いていたことなんか黙っていれば絶対にバレる心配はありません、面接を受けるときには「風俗のことなんかな〜んにも知らないもん」という演技をすることにしましょう、風俗の面接はどれだけ自分を売り込みかというテクニックが必要ですから、あまり知られたくない部分は知らばっくれてしまうのが一番です。

 

 

風俗の面接を担当するのはそのお店のオーナーか店長クラスの従業員です、今後の待遇を少しでもよくしてもらうためには、経験豊富なプロとして面接を受けるよりも、素直で可愛い女の子を演出するほうが効果的なんですよ。

 

 

そのためには間違っても露出の激しいセクシー路線のファッションは止めておきましょう、風俗店で面接をするのは中年の親次世代の男性だという事を忘れてはいけません、このオヤジ世代に受けるのは「聖子ちゃんカット(古ッ!)」のようなブリッコファッションだと思っていれば間違いではありません。

 

 

最近の流行に興味も関心もない中年の親父にガールズコレクション的なファッションは、ただの「ヤサグレている」ようにしか受け取ってもらえませんから、普段着ている洋服たちの中で一番ブリッコなワンピースを着ていくのが、風俗の面接の最初のハードルで成功する秘訣です。

 

 

さて、ブリッコファッションを着て出かけたあなたは、オヤジの心をぐっとつかむことに成功しているのでその後の会話もスムーズに進むはずです、この時にあまり風俗ズレしていない初(うぶ)な女の子を演出しようとすると、女の子を見る目がそれなりにある面接担当者のオヤジに見破られてしまう危険があります。

 

 

風俗の面接は最初の5分間で決まると行っても過言ではありません、その5分の間にモジモジしているようでは「この女の子を入店させても大丈夫か?」と疑問を持たれてしまいます。

 

 

風俗店の面接を受けるときの基本は「ハキハキ返事をすること」です。

 

 

これさえ守っていれば、多少見た目に問題がある女の子でも、貧乳でも、ポッチャリ体型でも採用される確率がグ〜ンとアップするはずです。東京でも有数の風俗街である五反田、そのなかでも五反田デリヘルジャーナルというサイトのランキングだって、そんなにかわいい子ばかりではないのが分かりますね。

 

 

風俗の面接は普通の会社と違って資格や経歴にあまりこだわらない分、その女の子に男性客を引き付ける魅力があるかどうかに重点を置いています、男性客を接客しているときに明るく会話をすることができるのは売れっ子風俗嬢になるためには欠かせない条件ですから、皆さんが風俗の面接を受けるときにはどうか思い出してみてください。

 
風俗求人について プレイの色々 ダイエットしよう ムダ毛の処理は? 性病のこと